スポンサードリンク



更新日:2017/12/12

位置情報を使って浮気調査をする場合の注意点

現在は携帯端末に付属した様々な携帯端末機能を利用した浮気方法についての記述、または実践例などが紹介されています。

 

しかし、こうした位置情報検索に関する情報をうのみにして浮気調査を行った結果、大きなトラブルになってしまう人も多く、探偵業界では今あまり位置情報検索を進めて依頼者にお願するような事はなくなりました

 

位置情報を使って浮気調査をする場合の注意点

しかし、現在使える技術を使わないでいられない、もしくは手軽に行える浮気調査の必須アイテムがその場にあれば使ってしまうのは人の本能というもので・・・

 

現在でも位置情報サービスを利用して浮気調査を行って多くの失敗をしてしまっている人が後を絶ちません。

位置情報サービスを利用する時の注意点

携帯端末を利用して浮気調査を行う場合、まずは次の点に注意をしましょう。

 

位置検索の通知が相手のスマホに送られる

位置検索サービスを利用した履歴を相手に携帯に知らせる機能は、現在ほぼすべての遠隔操作型アプリに搭載されています

 

また、クラウドサービスを利用して相手の位置情報を検索する場合も同様で、こちらが位置情報を検索すれば必ず相手の携帯になんらかの通知が出てきます。

 

位置情報サービスを利用する時の注意点:位置検索の通知が相手のスマホに送られる

こうした事情を知らずに位置検索サービスを利用して、浮気調査をしていた事が相手に判明してしまう事が多いので注意が必要です。

 

これを防ぐためには、相手の携帯電話にアプリを忍ばせたりせず、自分のスマートフォンを利用して浮気調査を行うしかありません。

 

位置を間違える

位置検索を行って得られた住所地には必ず誤差が発生するので、マークされた地点に必ず居るという証拠にはなりません

 

これを知らずに『レストランに今いるのね!』といって、マークされたファミリーレストランに出向いたものの、車内には誰もおらず、結局うろうろと周囲を捜している内に浮気の現場を逃してしまう人が多いです。

 

位置情報サービスを利用する時の注意点:位置を間違える

ちなみに、携帯端末のGPSは最低でも誤差は100メートル〜200メートルほどは発生するので、目標の地点よりも広範囲を効率的に探すようにしなければなりません。

 

また、地下駐車場などに入ってしまうと、現在位置は一気に500メートルもずれる事があるので注意して周辺を探索しましょう。

 

バッテリーを使い果たしてしまう

スマートフォンの位置情報検索サービスの場合、位置情報を検索し続けるとあっという間にバッテリーを消費してしまいます

 

これを知らない人は、最初に設置した時点で位置情報を取得しすぎるあまり、大切な場面で位置情報を検索できなくなってしまいます。

 

位置情報サービスを利用する時の注意点:バッテリーを使い果たしてしまう

しかし、かといって設置したスマートフォンをそうそう交換できるものではありませんし、交換を行う瞬間は最もリスキーな場面なので、できる限りその数を減らしたほうが発覚を防ぐ事が出来ます。

 

そのため、位置情報の検索はなるべくその数を減らし、疑わしいと思う時間帯に限定して検索をかけるのが最も有効なのです。

 

設置場所を間違える

スマートフォンではなくGPSロガーを使って浮気調査を行う人が侵す最大の過ちは、車ではなくバックなどにロガーを放り込んでしまう人が要る事です。

 

この行為は大変危険ですし、浮気調査を行う中では最もリスクが高いので注意しなければなりません。

 

GPSを設置するのはできるだけ車やバイクなどの隠し場所が多く、なおかつ移動手段として頻繁に使うもののみにしましょう。

 

ちなみに、GPS機器の中には小型のものでカバンなどに設置できるものがありますが、カバンではどれだけ小型にしてもいつ発見されるかわかりません。

位置情報サービスを利用する時の注意点:設置場所を間違える

 

仮に、超小型GPSを購入して使用する場合には、カバンの裏地や、衣服の裏地など、絶対に見つからない場所に設置し、必要な時だけ位置情報検索を行うようにしましょう。

位置情報検索サービスは決して安全ではない

位置情報検索サービスを利用するため、相手に携帯電話や市販のGPSロガーを設置するのは決して安全というわけではありません

 

それは探偵社も同じことで、設置するタイミング、位置を正確に把握し、バッテリーの消費を極力抑えるように使用することで最大の効果を得られる様に努力しています。

 

しかし、一般の方はGPSを使った調査=発覚0の調査と誤った認識を持っている人もいるので、調査前にGPS調査のリスクも知っておかなければ成功は難しいでしょう。

 

位置情報検索サービスは決して安全な浮気調査ではない

また、浮気調査というのはいくら失敗しても良い調査ではありません。

 

なぜなら、GPS調査の失敗というのは間違いなくGPS機器の発覚となっているため、少しでもミスをすると相手に多大な警戒心を与えてしまうからです。

 

感覚的には1度失敗すれば、その後3ヶ月は調査ができなくなってしまうと考えておいても良いでしょう。

 

GPSといって甘く見ずに、とにかく慎重に調査をすすめましょう。

自分で使ってテストを行う

GPS機器を設置する前には必ず自分の車などに設置してその効果を確認するようにしましょう。

 

できることなら誤差の範囲やバッテリーの消費率なども記録してもらいたいですが、そこまでのテストをせずとも、最低限GPS機器が発見されない位置に付けられているかどうか確認してください。

まとめ

  • GPS検索アプリは通知が届いてしまうので使ってはならない
  • GPS機器を相手のカバンなどに入れてはならない
  • GPS機器を設置するのは車両やバイクに限る
  • 位置検索サービスを利用した調査は決して安全ではない
  • 調査を行う前に必ずテストをする

 

位置情報を使って浮気調査を行なうまとめ

以上の項目をまもってセルフ調査を行えば、少なくとも発覚だけは防ぐ事が出来るかもしれません。

 

ただ、もしも難しいと感じた場合には一人で無理をせず、信頼できる探偵社に相談し、GPS調査を依頼するのがもっとも確実です。

まずは気軽に匿名で無料相談してみるのが第一歩

探偵探しのマッチングサイト「タントくん」は、厳しい審査基準を通過し、年間解決実績500件以上、かつ探偵の数が15人以上の探偵事務所と興信所しか登録していません。

しっかりと各都道府県の警察署公安委員会へ探偵業の届出を出している所のみなので、無理な売り込みやトラブルがありません。

高額な浮気調査も、自身の状況によって予算を踏まえて提案をしてくれるので安心です。

まずは匿名でもできる無料相談や2分でできる無料診断やを活用してみてください。

位置情報を使って浮気調査をする場合の注意点

位置情報を使って浮気調査をする場合の注意点


<<タントくん公式サイトはこちら>>