スポンサードリンク



更新日:2017/10/09

セルフ調査で調査日を限定する方法

浮気調査の費用削減では、出来るかぎりセルフ調査を行って調査期間を狭めなくてはなりません。

 

セルフ浮気調査で調査日を限定する方法

しかし、浮気をしている日を確認するための調査方法なんていきなり言われても、プロの探偵でも無いのに、どうやったら良いのか悩みますよね?

 

そこで、今回は自分で行える浮気調査の方法についてご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

浮気をしている日取りの決定方法

浮気をしている日の決定するためには、以下の様な調査を行うと良いでしょう。

 

日々の観察記録を付ける

まずは最もバレにくい調査方法として、日々の行動を観測する所から始めた方が良いでしょう。

 

この方法よりも手軽に結果を得られる調査は沢山ありますが、クリティカルな情報を得ようとするほどにリスクは高まるので、まずは安全な方法からチャレンジするようにしましょう。

 

日々の観察記録を付ける方法は何でもかまいません。
日記でもパソコンでもかまわないので、毎日記録を付けやすい方法を選びましょう。

 

次に記録の付け方ですが、その日あった出来事を箇条書きにし、その日の対象者の行動を箇条書きにしてみましょう。

 

【例】
〇〇年〇月〇日(曜日)

 

08:00 出勤(朝方、頻繁にメール。今日は帰りが遅くなると言われる)
12:30 夕食の準備をするか電話をするも出ない
16:30 電話をすると『夕飯は要らない』との連絡
22:00 帰宅後すぐにシャワー。スーツの中に水商売関係?の名刺

 

この様に、日時とそのつどの行動を事細かに書いていくと、2〜4週間ほどのデータを見れば、一週間の内、どの曜日が最も浮気をする確率が高いのか判断する事が可能です

 

レシート確認

浮気調査の鉄板ともいえるレシートの確認は、浮気の証拠としても十分使えますが、浮気相手と会っている日時を確認する方法としてもしっかり使えます

セルフ浮気調査で調査日を限定する方法:レシートの確認

 

デート先でもらったと思われるレシートの日時は、一枚だけではその日、その日時に偶然会っただけかもしれません。

 

しかし、レシートも2枚、3枚と集まっていく内に、浮気相手と会っている日時を確認する事が可能となるので、出来るだけ多くのレシートを集めるようにしましょう。

 

シフト表などの出勤スケジュール

浮気が出来る時は、対象者のプライベートタイムに限られます。

 

つまり、仕事をしている間は絶対に浮気が出来ないので、浮気調査を行うまえに対象者の出勤スケジュールを手に入れておくのが一番良いです。

 

特にシフト表などがある仕事であれば、その表さえ手に入れられれば、浮気をしている日もしぼられるはず。

 

特に注目すべきは「今日は仕事」といった日が休みであった日。
その時、過去の出勤歴とシフト表を突き合わせれば浮気をしていた日を割り出す事が可能になります。

セルフ浮気調査で調査日を限定する方法:シフト表の確認

 

さらに、シフト表の使い方は他にもあります。

 

例えば、休日であるにも関わらず、仕事に行った日に、シフト表の中で休みになっている異性を確認してみましょう。

 

男女の浮気相手の2分の1は同じ勤務先の人間であるとも言われますから、浮気相手である可能性も十分にありえます。

 

さらに、疑わしき人物を確認したならば、その人物と対象者の休みが一致する次の日取りさえ確認できれば・・・あとはその日に浮気調査を入れてやるのみです。

 

スマートフォンを確認する

浮気相手との連絡を覗き見れさえすれば、確実に次の浮気の日を確認することができます。

 

しかし、この方法は多くの依頼者が考えて実践に移していますが、警戒心の高い異性ははじめからスマートフォンにロックを掛けているので警戒心が薄い相手でなければ通用しない方法でもあります

 

セルフ浮気調査で調査日を限定する方法:スマートフォンを確認する

さらに問題は、浮気相手と連絡を見て

 

『明日会える?』
『今日会える?』

 

といった急な予定の入れ方をしているので、探偵社に依頼をしても、緊急の調査ゆえに対応してもらえない場合もあるのです。

 

しかし、やはりスマートフォンの中身を見るのは、浮気調査における最高の情報収集ですので、可能な限りスマホの中身は確認してもらいたい所です。

浮気をしている日を確認したら、早めに相談を

浮気をしている可能性が高い日を発見したら、次は探偵社にその日取りを伝えて調査をお願いしましょう。

 

ただ、あまりにも急な予約を入れても調査がうまく行かない事もありますし、急な調査と事前に準備をしっかりと行った調査とでは成功率も大きく変わってきます。

 

浮気をしている日を確認したら、早めに相談を

つまり、浮気をしている日がわかったら、出来るだけ早く探偵社に相談して調査の予約を入れて置くこと。

 

また、もしも急な調査を行う場合には、出来るだけ多くの情報を渡して、調査をスムーズに行えるようにフォローすることが求められます。

まずは気軽に匿名で無料相談してみるのが第一歩

探偵探しのマッチングサイト「タントくん」は、厳しい審査基準を通過し、年間解決実績500件以上、かつ探偵の数が15人以上の探偵事務所と興信所しか登録していません。

しっかりと各都道府県の警察署公安委員会へ探偵業の届出を出している所のみなので、無理な売り込みやトラブルがありません。

高額な浮気調査も、自身の状況によって予算を踏まえて提案をしてくれるので安心です。

まずは匿名でもできる無料相談や2分でできる無料診断やを活用してみてください。

浮気調査をセルフ調査で調査日を限定する方法

浮気調査をセルフ調査で調査日を限定する方法


<<タントくん公式サイトはこちら>>