スポンサードリンク



更新日:2017/08/22

調査対象者を警戒させると費用が無駄になる?

探偵社の調査を節約するためには、自らセルフ調査を行って費用を削減するのが一番良い方法です。

 

しかし、幾らセルフ調査を行ったとしても、その調査のせいで対象者に警戒されてしまえば、結局は本番に行う探偵社の調査が失敗してしまうため、費用がまるまる無駄になってしまう可能性もあります。

 

つまり、セルフ調査を行えば費用の削減が行えますが、やり過ぎれば調査費用が全て無駄になるというリスクが存在しているのです。

調査対象者を警戒させると費用が無駄になる?

 

このリスクをまったく意識せずにガンガンとセルフ調査をしてしまうと、依頼者が知らない間に対象者が貴方の調査費用をまるまる無駄にしようと画策している場合もあるのです。

対象者を警戒させてしまう行動

セルフ調査についての相談を受ける場合も沢山ありますが、探偵社からみても「それは明らかにやり過ぎだな…」と思ってしまうようなセルフ調査を行ってしまう人も少なくありません。

 

その様な人達に共通して言えるのは、
情報を取る事に専念すしぎるあまり、発覚のリスクをまったく無視してしまう』ということに尽きるのです。

 

携帯電話の中身を無理やり見てしまう

セルフ調査を行う時、だれもが真っ先に考えるのは携帯電話(スマートフォン)を使った調査方法です。

 

しかし、この調査方法は最も情報が得られますが、その分どの調査よりもハイリスクで、そのリスクの高さは探偵社が行ったとしてもまったく変化しないほど変わりません

 

なぜそこまでリスクが高いかといえば、浮気や不倫をしている人間であればあるほど、情報の管理を徹底して行う様になりはじめ、普段はまるで気にもしていなかった車のGPSデータを消し始めたり、浮気相手と使用したレシートを残らず捨てはじめます。

 

浮気対象者を警戒させてしまう行動:無理矢理携帯チェック

そのような行動の中でも、対象者が最も気を使うのが携帯電話です。

 

ここから浮気の情報が漏れてしまうのは、なににも置いて対象者が最も警戒しているため、認証ロックをかけたり、トイレに行くにも携帯電話を身につけ始めます。

 

そのように神経質になっている時に、携帯電話の中身を無理やり覗いたり、相手が居ない間にこっそりと認証ロックを解除して中身を見ようとするのは至難の業で、普通に考えれば形態には手を出さないほうが発覚のリスクを回避できる分、調査そのものの成功率はあ上がるでしょう。

 

しかし、どうしても浮気の事実を知りたい依頼者はここでつい無理をして携帯電話を取り上げたり、こっそりと中を覗き見ている所を対象者に発見されてしまう事で、その後の探偵社の浮気調査を失敗させてしまう事が多いのです。

 

相手の行動を尋ねすぎてしまう

セルフ調査を行って費用を節約するためには、浮気を行っている日に調査日を入れ、ピンポイントで調査を行うのが最もベストな方法です。

 

浮気対象者を警戒させてしまう行動:相手の行動を聞きすぎる

しかし、そのために相手の行動予定を終始訪ねていると、やはり対象者が『浮気をうたがっているのかな?…』と警戒しはじめてしまい、なかなか尻尾を見せない様になってしまいます

 

こうなれば、浮気相手と会う日のパターンを変えたり、そもそも浮気相手との接触を減らしてしまう場合が多いので、狙ってピンポイントで浮気調査を入れる方が費用の無駄に繋がってしまう事も多くなります。

 

GPSが発見されてしまう

最近セルフ調査を行う人の中でも流行しつつあるGPS調査ですが、そのせいで対象者に警戒されてしまい、浮気著調査の費用が増えてしまう人がいます。

浮気対象者を警戒させてしまう行動:GPSが発見されてしまう

 

この時、GPSの設置位置やタイミングを間違えてしまったせいで対象者に見つかってしまう人が殆どですが、

 

中にはなぜか調べた位置情報のデータをパソコンに放置してしまったせいで、その画面を見られて調査が発覚してしまうという大変雑な人もいます

 

さらに、GPSで得られた位置情報の地点や時間について、なぜか遠まわしに本人に尋ねてカマを掛けようとする依頼者が居るのですが、これは絶対にやめてください。

 

相手に例えたずねたとしても、運良く情報が手に入れるわけでもありませんし、そのような行為はわざわざ相手に『GPS調査をしていますよ』と告げているようなものです。

大切なのは、限界点をしっかりと探る事

浮気調査の節約のためにセルフ調査を行うのは全くかまいませんし、調査費用の節約につながるのは間違いありません。

 

しかし、それもやり過ぎれば浮気調査の発覚に繋がってしまい、浮気調査をそのものを節約できないばかりか、余計に浮気調査の費用が掛ってしまうのが現実です。

 

そのため、浮気調査の費用を節約するためには、自分で情報を多く取るのと同時に、その情報をどこまで捕れば良いのかどうかを確認する必要があるのです。

限界点は『リスクを感じた瞬間』

調査はあくまでケースバイケース。

 

状況や調査を行う相手によってとにかくリスクの線引きは変わるので、一概にどこまでやれば安全かとは言えません。

 

そこでおすすめなのが、調査を行う時には『安全』を優先して行動すること。

 

浮気のセルフ調査の限界点はリスクを感じた瞬間

そして次に、『少しでもリスクを感じたら止める』のが大切

 

情報を取るときは大胆になるよりも、神経質なぐらいにリスクについて感じていたほうが結果につながります。

まずは気軽に匿名で無料相談してみるのが第一歩

探偵探しのマッチングサイト「タントくん」は、厳しい審査基準を通過し、年間解決実績500件以上、かつ探偵の数が15人以上の探偵事務所と興信所しか登録していません。

しっかりと各都道府県の警察署公安委員会へ探偵業の届出を出している所のみなので、無理な売り込みやトラブルがありません。

高額な浮気調査も、自身の状況によって予算を踏まえて提案をしてくれるので安心です。

まずは匿名でもできる無料相談や2分でできる無料診断やを活用してみてください。

浮気調査対象者を警戒させると費用が無駄になる?

浮気調査対象者を警戒させると費用が無駄になる?


<<タントくん公式サイトはこちら>>