スポンサードリンク



更新日:2017/08/22

SNSから浮気相手の詳しい情報を特定する方法

SNSを利用して浮気調査を行った結果、もしも疑わしき人物が特定できた場合、出来ればその相手が何処の何者なのか知りたい人も多いですよね?

 

しかし、法人企業であったり、インターネット上で特定商取引法が必要な事業を展開している人間でない限りは、住んでいる地域や職業、年齢などを知ることは殆ど出来ないかもしれません。

 

SNSから浮気相手の詳しい情報を特定する方法

となれば、やはり浮気現場を抑えて直に浮気相手のプロフィールを調べ上げる方法が最も効率が良いとなります。

 

ただ、完全にとはいかないまでも、SNSを熟知していればそこに現れる情報を元に本人の詳しいプロフィールを完成させる事も可能なのです。

SNSで浮気相手のプロフィールを完成させる方法

相手の氏名、年齢、住所、勤務先、出身地などを調べる事は、その後の慰謝料請求のためには欠かせない作業ですが、そのためにはとにかく多くのデータを分析して、一つ一つ丁寧に確定した事実を積み重ねていかなくてはなりません。

 

プロフィールは必ずチェック

SNS上に掲載されているプロフィールはFacebookでも無い限り、殆ど本人を特定するに至らない情報ばかりです。

 

しかし、例えクリティカルな情報ではない2次情報(信ぴょう性の薄い情報だが、裏を取る事で事実を確認できるレベル)3次情報(欲しい情報とは関係ない位置にある情報だが、調査の手掛かりにはなる)をとにかく集めれば、本来欲しかった1次情報に辿りつく事も可能となります。

 

SNSで浮気相手のプロフィールを完成させる方法:プロフィールは必ずチェック

例えばプロフィール欄に『○○というアニメが好きです』という書き込みがあった場合、インターネット上でアニメのタイトルを入力し、同時にSNS名を入力してみましょう。

 

すると、今度はブログやネットコミュニティ内での活動などが閲覧できるかもしれません。

 

そして、そこから更に情報を集めていけば、やがて本来欲しかった相手の情報に辿りつく事も可能なので、プロフィールに記載されている内容は丹念にチェックすることをお勧めします。

 

写真

家の近所と思わしき写真や、窓の外から見える風景などの写真はその住所を特定する重要な手掛かりとなります。

 

特に窓の外から見える風景の場合、建物の位置や看板などから周辺地域が解る可能性があります。

 

また、風景の中に移りこんでいる陰の位置と投稿時間などを照らし合わせ、写真が撮影された場所と被写体の方角と位置関係を調べあげる事で、建物の正確な位置まで解る場合もあります。

 

SNSで浮気相手のプロフィールを完成させる方法:写真

しかし、最近では窓からの写真を投稿する事自体ネットリテラシーの低さを露呈しているとするような風潮もあるため、最近では写真から建物の位置が直接解るような事は殆どありません。

 

ただ、周辺に何があるのかだけ知っていれば、周辺地域だけでも特定可能です。

 

さらに自宅からの写真だけでなく、帰宅途中の風景や立ち寄った店などからも周辺地域を割り出す事が可能です。

 

投稿内容

投稿内容は本人のプロフィールを完成させる上でもっとも重要な箇所です。

 

しかし、そのデータは1000以上もの投稿を全てチェックしなければならない場合もあるため、相当の集中力と忍耐力を必要とします。

 

ただ、このデータを全て漁らない事には浮気相手のプロフィールを完成することはまず不可能。出来れば投稿されたデータは全て保存して、空いた時間を利用してコツコツと分析していきましょう。

 

位置情報

お気に入りのお店に出かけた場合、その位置情報などを投稿する事が可能ですが、そうした位置情報から相手の行動パターンを探り、勤務先や自宅住所の概ねの位置を割り出す事が可能です。

 

例えば、平日にかなりの頻度で立ち寄って居る店があったとして、それが昼時ならばその店の付近に勤務先があります。

 

また、夕方であれば勤務先からの帰宅途中にその店がある事が多く、深夜であれば自宅周辺に店舗がある可能性が有ります。

 

SNSで浮気相手のプロフィールを完成させる方法:位置情報

また、プロフィールの完成に繋がりそうもない遠方の位置情報でも、時折その店に出向いて居る様子があれば、のちのち探偵に尾行をしてもらう時のアイテムとして使えるので、得られた情報は全てメモをするなどして保存しておきましょう。

 

SNSで宣伝している活動

多趣味な人間である場合、SNSアカウントを利用してインターネット上の別の場所で行われている活動を宣伝している人が居ます。

 

この様な人物の場合、SNS上では詳しいプロフィールを完成させられなくとも、他のSNSやアカウントでは重要な情報を投稿している可能性もあるため、一つのSNSだけではなく別のアカウントやSNSが存在する線も調査してみてください。

アカウントは複数あると思って調査すべき

SNSの調査で最も大切なのは、相手のアカウントが1つ限りだと思いこまない点です。

 

特に女性は、

アカウントは複数あると思って調査する

 

■仲間用
■趣味用
■愚痴用

 

など様々なアカウントを使っている事が多いので、とにかくあらゆる可能性を疑いながら調査を進めましょう。

 

ただ、これもやりすぎるとプライバシーの侵害などにあたったり、つきまとい行為として訴えられる場合がありますから、あくまで自己責任で行ってください。

まずは気軽に匿名で無料相談してみるのが第一歩

探偵探しのマッチングサイト「タントくん」は、厳しい審査基準を通過し、年間解決実績500件以上、かつ探偵の数が15人以上の探偵事務所と興信所しか登録していません。

しっかりと各都道府県の警察署公安委員会へ探偵業の届出を出している所のみなので、無理な売り込みやトラブルがありません。

高額な浮気調査も、自身の状況によって予算を踏まえて提案をしてくれるので安心です。

まずは匿名でもできる無料相談や2分でできる無料診断やを活用してみてください。

浮気調査でSNSから浮気相手の詳しい情報を特定する方法

浮気調査でSNSから浮気相手の詳しい情報を特定する方法


<<タントくん公式サイトはこちら>>